どこにでもある

私たちが生活をしている中で自販機を見かけない日が無いといっても過言ではありません。それほど暮らしの身近にある自販機は職場や学校に設置されているところもあるほどです。

品揃えも重要

会社の敷地内に自販機が設置されていることがあり、会社の外に出なくても気軽に美味しいドリンクを買うことが可能です。また、設置する際は事前にどういった管理が必要か調べておきましょう。

より多く利用してもらう

自販機設置に関して気になることといえば、設置の際にかかる費用についてが代表的でしょう。そういった疑問は、直接業者に問い合わせをしてみる方がよいでしょう。電話やメールのどちらでも対応しています。

手数料をもらう

副業として不動産投資や土地活用などを行なう人がいますが、その中でも自動販売機も多くの人が副業としても行なっています。また外に出なくても飲み物が購入できるようにと企業内に設置することも増えてきています。この自動販売機ですが、設置することで月の売上に応じた販売手数料というものが得られます。この販売手数料は、売れた飲み物の本数に各メーカーや専門業者が設定した販売手数料をかけた分です。そのため仮に月に300本飲み物が売れた場合、1本あたりの販売手数料が30円で設定されていれば9000円が手元に入ります。また現在は販売のみの自動販売機だけでなく、災害が起きたときに対応できるものや、AEDが搭載されたものなどもあるので、万が一のときのための安心材料としても自動販売機は役立っています。

自動販売機の設置のとき、設置費用やリース代、補充や点検、清掃などの様々なサービスが無料で受けられます。ですが自己負担するものとして電気代があります。飲み物が売れない場合は電気代だけがかかってしまうことになるので、予めエコ仕様の自動販売機の導入を検討しましょう。ですがいまは年式が新しいものであれば電気代も安くなっているので、安心して導入することができます。ただ今現在設置していて、古いタイプの自動販売機を使用しているのであれば、電気代のこともあるので新しい自動販売機への交換を考える必要があります。メーカーや専門業者では電話やメールできちんと対応してくれるので、これから設置する人も、いま設置している人も不安なことや知りたいことがあればすぐに連絡してみましょう。