品揃えも重要

設置方法について知りましょう

時々、敷地内に自動販売機を設置している会社を見かけますが、「うちも設置してみたい。」と考えたことがある経営者は、意外に多いのではないでしょうか。では、会社に自動販売機を設置するには、どのようにしたらよいのでしょう。自動販売機の設置をしたい場合、一番簡単なのは、飲料メーカーに直接問い合わせるという方法です。大手飲料メーカーになると、サイトから直接申し込みができるようになっていたりします。しかし、メーカーによって、自動販売機設置のための契約条件が異なります。複数の飲料メーカーを比較して、よりよい条件のところを検討したいとい場合は、自動販売機設置のための比較サイトを利用するという手もあります。

儲けを出すのに必要なこと

自動販売機は、飲み物を補充してさえおけば、あとは勝手に販売をしてくれますが、売れた分がすべて儲けになるというわけではありません。というのも、自動販売機に補充するための飲料の仕入や、運転のための電気代が必要になるからです。一般的にこれらの必要経費を差し引いた飲み物の粗利は1本当たり30〜40円程度といわれていますので、1カ月2500本を売上げることができれば、10万円ほどの利益を手にすることができる計算になります。しかし、それだけの本数が出るかどうかは、人が集まりやすい場所であったり、周りに競合する自動販売機がないなど、設置する場所にもよります。実際に自動販売機を設置するときは、品ぞろえや設置場所などを、よく検討して決めましょう。